Brave New World
10年ほど勤務した会社をやめ、 ただ今ワーホリ真最中。 カナダ万歳!
  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/-- --:--:--   スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

  washington
washingtonには夕方着。
泊まるところが決まってなかったから、早速電話。
ようやく3件目でヒットした。

Hilltop Hostel ( http://www.hosteldc.com/)とか言う名前。
地下鉄のRED LINEでTAKOMAという駅から歩いて30秒。

極近です。

なかなかいいところでしたよ。
ロッカーがなかったのがちょいと不便でしたけど、1泊$21と安かったし、スタッフもいい感じ。
狭い庭ですが、ハンモックとかあったし。
ネットもフリーのPC付きで日本語は使えないけど見れました。


さてワシントンの観光話。
ここはそんなに広いところでは無いから1日あればイケるかも。

私が見たのは、モニュメント、ホワイトハウス、キャピタルヒル等。

あ、あとリンカーンくんも拝んできました。

ホワイトハウスは正直微妙・・・
超厳戒態勢だし、ほんの欠片ほどしか見えない。
のでさっさと次に移動。

基本的にはどこへ行っても無料です。
40箇所ほど美術館、博物館があるのですが、数箇所覗けばほとんどフリーです。
キャピタルヒルの中に入るのは要予約ですが、
朝早く行けばGETできるよう。
私は朝が大の苦手なのでいけなかったけどねぇ。。。

だから私みたいな貧乏っちゃまにはもってこいのところです。
ただ、入る時のボディーチェックが面倒くさいけどね。

歩くのが苦でなければ主要箇所は歩いていかれます。
1デイパス($6.5)を買ったことを後悔しました。
ので無理やりチャイナタウンとか行ってみたものの
何にもなくて即帰。

とにかくいえるのは、
どこのチャイナタウンも
危険ですね・・・


2006/06/23/Fri 07:02:07   traveling/CM:4/TB:0/

  NEW YORK2
NY何気に面白いので
調子に乗ってもう1泊することにした私。

しか~し、UNFORTUNATELY HI hostelなんと満員御礼・・・
仕方がないのでそっから少し離れたcentral park hostel($28-per night)に移動。

結果。
最悪でした・・・
部屋極小、極汚。
キッチンあるけど食器なし。
強いて言うなら酒OKだったくらい。
HI HOSTELは酒は一切禁止なので久しぶりにBEER飲めたくらいかな。
良かった?といえば。

まあとにかく泊まるところは決まったので
まずはかの有名なcentral park へ。
とにかく広い。私は1時間くらい散歩したけど
1周回ろう物ならばたぶん半日は軽くかかるのではなかろうか・・
ごみなどは当然落ちてなく、きれいな公園だった。

その後は
MOMA NY 近代美術館に。
いっぱい美術館ある中、なぜ選んだか・・・
そう、私の大好きな
マルク・シャガールさんの絵があるからです!

20060617041227.jpg   20060617041503.jpg  20060617041355.jpg

左がシャガール殿の絵です。
彼の絵ははっきり言って意味は良くわからない。
絵の中を人が1周してたりするし。。。
ただ、色使い最高です。
日本でも幾度か見たけど、こんなにまじかで見るのは初。
涙でそうでした・・・

真ん中有名なゴッホさん。
右はアンディーヴォーホルさんです。
このキャンベル缶はさすがに見たことあると思います。

日本のミュージアムは超厳戒態勢だから2、3M離れたところで
たいてい見る感じだし、写真なんてもってのほか。
でもここはフラッシュなければOK。
でもフラッシュたいた日にゃ大変。
黒人さん怖いの何の・・・
目で殺されます。

$20。
これ入館料。ちょっと高い気もするけどまあ私には満足♪

でもって夜は
TOP OF THE ROCK
って言うようは展望台に。
ここは数年前まで閉鎖されてたのだが、最近になってまた
開放したらしい。
値段$18。う~ん・・・これまた安くないねえ。。。

いちよう時間指定制で制限があるわけではないけど
15分刻みで上がりたい時間を予約できる。
私が思うにいらない気がしたけど。。。

さすがNY。
夜景は最高です。
ガラス1枚で覆われてるだけだったので、強風でしたが。

しかし
実は私高所恐怖症・・・
あんなに高いところで働いてたくせに
場所変わると、ビビってしまう小心者・・・情けない。
正直怖かったっす・・。

でちなみにNY地下鉄はすべてじゃないけど
24H動いてます。
すばらしい。
1回$2、デイパスは$7です。

以上。


ついでに前回のせなかった写真のせてみました。
女神さんとGound Zeroなど・・・


20060617050740.jpg  20060617051120.jpg  20060617050902.jpg hi ! im MICKEY!

2006/06/17/Sat 05:30:59   traveling/CM:2/TB:0/

  帰国ラッシュ
今回はアメリカ旅行記お休みして近況報告。

タイトル通り、この1週間で3人の仲間が帰国。
いまだに彼らが帰ったって言う実感がないけど。

彼らとはカナダでの同級生。
苦楽を共にしたなか。
彼らは1年を全うし、無事に日本に帰っていった。

そんな自分ももうすぐ帰国。
数えたらあと18日でした。
きっとあっという間に過ぎていくのでしょうね。

というわけで、バンクーバーでの私の役目はとりあえず終了。
見送りできてよかったよかった・・・

この1週間は久しぶりに友人たちに会い、食事したりのみに行ったり、
お互いの近況とか、今までのカナダの生活とか
いろいろ話した。

みんな帰ってしまったけど
あんまり思ったほど寂しくない。
なぜならまた会えるって思ってるから。
また絶対会うし。

いつになるかはそりゃわからないけど
そのころはみんなどうしてるのかな・・・
って思うと今度会うのが楽しみなってきます。

みんな日本ではあったことのない人たちですからね。
なんだか不思議です。

ANYWAY
私も残りわずか楽しまないと。

帰る前に友人のところに訪れようと計画中なのですが、
予定が合わない、返信が遅い・・・
ってなどの理由で私のプラン滞ってます。
すぐに遊んでくれる友人もいなくなってしまったので
これからだらだらになりそうで怖い・・。

2006/06/16/Fri 15:11:12   vancouver/CM:5/TB:0/

  NEW YORK1
アメリカ旅行の続き。。。

次の都市はNY。
BOSTONからここまではバスで4時間ほど。アメリカにしちゃ相当近いところですね。

その日は
夕方に着いたから、特にいろいろ回ることもなく、ホステルの近くの
公園をさんぽして終わり。とりあえずガイドブックがないから
いろいろ街の情報収集した。

今回世話になったのもHI-HOSTEL。1泊$28。
今回は朝飯なし。高いね、まったく。
とにかくでかい、このホステル。
可もなく不可もなくってところ。

で次の日、まず早速女神さんの所に。
遠くから見た時はちいさっ!って思ったけど、
いざFERRY($11)に乗って上陸したら
あら、結構大きくてらっしゃる・・
知らなかったけど、あの方片足だけかかと上がってるんですね。

でもって、同じフェリーの券で‘ELLIS ISLAND’ってとこにも
いけたので踏み入れることに。
っつてもたいしたことなかったけど。

その後は‘GROUND ZERO’。

今はすでに次のビルの建設真っ最中だけど、
HEROたちや被害者たちの慰霊碑、写真などがあって
結構な人だかり。
中にはそのときの状況をはなし、チップで設けてる人もいたけどね。

そこからすぐ近くに教会があるのだが
そこにもたくさんの遺品や日本から送られてきた千羽鶴もあった。

結構最近だと思ってた911も
もう5年も前のことだったので驚いた。

当時私は家であの追突の瞬間をTVでみて、
ものすごい衝撃を受けたのを鮮明に覚えてる。

のでここは私にとっては考えさせられるところだったかも。
ちょっと心苦しくなったかな・・・


それから‘Times Squere’。
ここはセントラルマンハッタン。
街の中心ですね。
ライオンキングとかマンマミアの劇場が並ぶところ。

まあそこでふらっと電気屋に入った私。
そう、今回の出会いはここの電気屋です。

ここでXDカードを買ったのですが、またもやここのおっさんに
話しかけられ、飯を一緒にいただくことに・・・
8時に仕事が終わるってんで素直に8時に店に戻った私。

まあ、見事に帰ってたんですがね、おっさん。
したらもう一人のおっさんが
‘じゃあ僕といこう、誰といっても一緒っしょ?’
といわれ、あほな私はまんまとついていってしまった。

先に感想を言えば・・最悪でしたねえ。。

‘do you like having s○x?’

いきなりですか・・・
まだあって30分ほどですよ、アナタ・・
手は垢が出るほど触ってくるわで最悪。

でもしっかり飯もおごってもらい、ワインも飲み、
夜景見せてもらって無事帰宅。
いや・・・うかつでした。ってかばかですね、私。
反省してます。

途中それでも何回も
どうしてもホステル帰らなきゃだめなの?
とか3回くらい聞かれたけど当然NOの連続。

結婚してない→何でもOK!

この国のルールといっても間違いじゃないでしょうね。
まあ確かに法には触れませんからね。。

気をつけないとん。

しかし判断がむずかしい。
中には本当に親切心でやってくれる人もいるから
どうしていいものか。。

でも常に用心しなきゃねえ~
2006/06/14/Wed 19:39:10   traveling/CM:3/TB:0/

  Boston
Americaに着いて一番に訪れた街がここBOSTONである。

ST JOHN(カナダ)の街からオルレアンバスでBANGOR(アメリカ)に到着。
ここでグレハンに乗り換え。
グレハンはカナダ、アメリカを網羅するバスのこと。
これで加米を一周できるのだからすばらしい。
ただ、体力と時間が必要ですけどねえ。。


もちろん途中でボーダー越。
しかしいつ行ってもアメリカの審査官は感じ悪。
私のカナダのVIZA見て、もうすぐ切れるじゃんって超嫌な面。
ってか、あなたに関係ない。。。
帰りの航空券見せたら安心したのか、ようやくOK。

何かにつけて人を犯罪者扱いのように見てくる。
場所にもよるけど、いい気分ではないねえ・・

まあとにかく着いた。
けど、SUPERどしゃぶり・・まじ、ひでえ。。。
全身ずぶぬれ獲得です。


今回私がお世話になったのはHIーHOSTEL。
2NIGHTSで$73。WEEKENDだったおかげでもともと高いのが
より高くついた。カナダでは週末でも変わらなかったのに・・
まあでも朝食つきですがね。


で、翌日ホステルでCITY MAPをGETしたのでそれを手に
ガン降りの中観光へ。。。

用意周到って言葉を知らない私は、何のガイドブックもなく
何の情報もないままアメリカに来た。

なんとかなるっしょ。

これだけで旅を続けてきた。
まあ結果本当に何とかなった。
今思えば、ガイドブックくらい用意すればもう少し時間的にも有効な
旅ができたかも知れないけど、
でも私の中では満足。
結果オーライ。
これ、基本ですから。


さて、
BOSTONの話。

まずは両替商のところに。
$300USDに変えるのに$363CADかかった。
アメリカ高いっす・・・

BOSTONのDTは地下鉄もバスも網羅してるが、
残念ながら私はすべて歩いて回ったので
何がいくらするかはわからない。

でも私は徒歩で十分だと思う。
ご老体には少々厳しいかも知れないけど。


ボストンは町並みが本当にきれい。
雨が降ってたことが本当に残念だけど。

ちなみに私が行ったのは
state house, old state house, faneuil hall market,
old north church, bunker hill monumentなどなど。
良かったのは3つめのマーケットかな。

ここは単純に言うと食い物市場、ようはフードコートだけど
すんごいたくさん店が並び、どれもおいしそうで買うのに40分
迷ったほど。
ただ単に私の優柔不断が出ただけかも・・・


この街での出会いはホステルの従業員の皆さん。
夕飯時に突然一人の兄ちゃんに話しかけられた。
どうやらGショックの操作を私に聞きたかったよう。
私のGショックを見たんでしょう・・
まあそのお礼にお茶に誘ってくれたわけです。

なぜか妙に私を気に入ってくれたらしく、
自分たちのアコモにまで招待してくれた。

そしてなぜか私は彼にマッサージを施され、
挙句には人生相談まで。。

今日は君を抱えて寝るよ。

それはさすがに無理なので丁重にお断りして部屋に戻。
とは言っても特にやらしさとかたくらみはまったくないですよ。
単に情にアツイ彼だっただけです。


とボストンは1日のみの観光だったけど十分楽しめた。

ただひとつ厄介だったのは
バスディポから遠かったこと。
行きはタクッたから良かったけど
帰りは歩いたから40分かかってしまった。
地下鉄使えばよかったんだろうけど、面倒くさかったんだよね。。
悪い癖です。

次回はN.Y。
2006/06/11/Sun 18:42:54   traveling/CM:2/TB:0/

BACK / MAIN / NEXT
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。